2007年02月28日

映画監督[鈴木則文]

お待たせ!
映画ファン「映画監督・評論家編」
鈴木則文



鈴木 則文(すずき のりぶみ、1933年−)は日本の映画監督、脚本家。東映を代表する映画監督。立命館大学中退。トラックものから任侠もの、スケバンものにポルノまで幅広い作品を手がける。



代表作


  • 映画
    『トラック野郎』シリーズ
    『パンツの穴』
    『関東テキヤ一家』シリーズ
    『シルクハットの大親分』シリーズ
    『聖獣学園』
    『ザ・サムライ』
    『ドカベン』
    『まむしの兄弟 恐喝三億円』
    『伊賀野カバ丸』
    『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』
    『エロ将軍と二一人の愛妾』
    『徳川セックス禁止令 色情大名』
    『現代ポルノ伝 先天性淫婦』
    『大阪ど根性物語 どえらい奴』
    『塀の中のプレイ・ボール』
    『カリブ・愛のシンフォニー』
    『吼えろ鉄拳』
    『忍者武芸帳 百地三太夫』
    『女番長』シリーズ
    『少林寺拳法』

  • テレビ
    『暴れん坊将軍』
    『影の軍団』


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL


  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月27日

    映画監督[中島哲也]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    中島哲也



    中島 哲也(なかしま てつや、1959年 - )は、日本の映画監督、CMディレクター。



    人物

    1959年福岡県生まれ。CM制作会社を経て、1987年よりフリー。CMデビュー作のフジッコ漬物百選では、山口美江の「しばづけ食べたい」のセリフが話題に。以後、サッポロ黒ラベル 「温泉卓球」篇など多数のヒットCMを世に送り出しCM界の巨匠として知られるようになる。大学在学中に制作した「はの字忘れて」が、82年ぴあフィルムフェスティバルで入選し、「バカヤロー!私怒ってます/第二話 遠くてフラれるなんて」(1988年)で劇場映画監督デビュー。以後、独特のユーモアとポップで色鮮やかな映像世界でCM、映画等幅広く活躍している。



    作品




    [ CM ]


  • フジッコ「漬物百選」(出演:山口美江)

  • クノール カップスープ(出演:小泉今日子)

  • サントリー 冷撰洋酒(出演:三浦友和 加藤茶)

  • サントリー モルツ「モルツ球団」(出演:原田芳雄)

  • 富士フイルム フジカラー写ルンです

  • ソフトバンクテレコム|J-PHONE(出演:永瀬正敏)

  • 日本中央競馬会|JRA'99年間キャンペーン(出演:木村拓哉)

  • 東日本電信電話|NTT東日本 フレッツ「ガッチャマン」篇(出演:SMAP)

  • サッポロビール サッポロ生 黒ラベル 「温泉卓球」篇(出演:豊川悦司 山崎努)

  • プロバイダーZERO


    [ 映画 ]


  • 「はの字忘れて」

  • 「バカヤロー! 私、怒ってます 第二話 遠くてフラれるなんて」

  • 「夏時間の大人たち」

  • 「Beautiful Sunday」(出演:永瀬正敏 尾藤桃子)

  • 「下妻物語」(出演:深田恭子 土屋アンナ)

  • 「嫌われ松子の一生」(出演:中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 劇団ひとり)


    [ テレビドラマ ]


  • 「私立探偵 濱マイク」9話 ミスター・ニッポン〜21世紀の男〜(出演:永瀬正敏)

  • 世にも奇妙な物語 「ママ新発売!」(出演:ともさかりえ)

  • 「X'smap〜虎とライオンと五人の男〜」(出演:SMAP)


    [ ビデオ ]


  • 「Smap Short Films ROLLING BOMBER SPECIAL」

  • 「The Works of Tetsuya Nakashima」



    主な受賞


  • ぴあフィルムフェスティバル入選(「はの字忘れて」)

  • ACC 金賞(JRA)

  • ACC グランプリ/特別賞(演出)(サッポロ黒ラベル)

  • ADC グランプリ(サッポロ黒ラベル)

  • ギャラクシー奨励賞(サッポロ黒ラベル)

  • 第26回ヨコハマ映画祭 作品賞 監督賞(「下妻物語」)

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月26日

    映画監督[利重剛]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    利重剛



    利重剛(りじゅう ごう、1962年7月31日−)は、俳優・映像作家。神奈川県横浜市鶴見区生まれ。ホットロード所属。身長178cm。本名は笹平剛(ささひら ごう)。脚本家・小山内美江子の長男。神奈川大学中退。「利重」という芸名は、自身の祖父の名「利重(とししげ)」からとった。剛少年は、利重おじいちゃんが好きだった。

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
    posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月25日

    映画監督[青山真治]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    青山真治



    青山 真治(あおやま しんじ、男性、1964年7月13日 - )は、映画監督、小説家。



    略歴

    福岡県北九州市出身。福岡県立門司高等学校を経て、1989年立教大学文学部英米文学科卒業。立教大学映画研究会出身。在学中は蓮實重彦に学び、深い影響を受けた。卒業後はフリーの助監督として、ダニエル・シュミット、黒沢清などにつく。1995年オリジナルビデオ『教科書にないッ!』で初監督。『Helpless』で商業映画デビュー。地元の福岡県の田舎町を舞台にした。ジャン=リュック・ゴダール、神代辰巳、中上健次(小説家)などをリスペクトしている。
    監督作品『EUREKA』で、カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞を授与した。
    『レイクサイド マーダーケース』では、初の娯楽作品に挑む。小説家としても知られ、自作のノベライズ小説『EUREKA』で三島由紀夫賞を授与されるなど、注目されている。
    尚、受賞作は、文藝評論家・福田和也の強い推薦で受けたものである。日本映画界きっての理論派として知られる反面、気性の激しい面を持ち合わせており、その言動がしばしば問題視される。事実、中原との対談で「俺もこの業界じゃ心無い奴だと思われているから」と珍しく愚痴を吐いたのにもかかわらず、誰からも同情されなかったのは、そのあたりが原因と思われる。かつては長髪がトレードマークだったが、ペドロ・コスタとの対談でやんわりと否定された後(それが原因かは分からないが)、短髪にする。大寺眞輔のDravidian Drugstore上において、メルマガ参入宣言。しかし未だ実現されていない。樋口泰人主催のboid内の日記において、翻訳家の柳下毅一郎に対し、理由もなく(本人が理由を公開していないため)批判を繰り返し、町山智浩との対談で「ストーカー」呼ばわりされたが、その後、和解済み。中原昌也との対談において「ピースな映像作家」を自称する中野裕之を、「あいつもクソですよ」と罵倒。高橋洋の公式ホームページ、ソドムの市におけるBBSにおいて、一部の投稿者の投稿に対し、「派閥前提でしかモノのいえ\xA1 $J$$$3$N%A%s%+%9LnO:!*Aj>h$C$FMh$$!#$=$sBe$o$j$O$J$C$+$i%,%s2%$j$7$F$d$k$+$i3P8g$7$H$1$h!#!W$HK\5$$GGME]$7!"!VAG?MAjk!Y$r!V%k%Q%s;0@$$NKAFB$@!W$HHsFq$7!"4d0f=SFs$K;j$C$F$O!"!V1G2h$G$O$J$$!#J83X$G$"$k!W$HHsFq!#5*N$C+OBL@$dKLBe$,$j$@$H;W$C$F$$$kGO


    監督作品


  • 『AA』 2006年

  • 『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』 2005年

  • 『レイクサイド マーダーケース』 2004年

  • 『秋聲旅日記』 2003年

  • 『TRUNK』 2003年(Webシネマ)

  • 『軒下のならずものみたいに』 2003年

  • 『Noと言える刑事』 2003年 (オムニバス『刑事(デカ)まつり』)

  • 『なんくるムービー あじまぁのウタ 上原知子─天上の歌声』 2002年 (ドキュメンタリー)

  • 『名前のない森』 2002年 (テレビドラマシリーズ『私立探偵 濱マイク』第6話)

  • 『月の砂漠』 2001年

  • 『路地へ 中上健次の残したフィルム』 2000年 (ドキュメンタリー)

  • 『EUREKA (映画)|EUREKA』 2000年

  • 『EM エンバーミング』 1999年

  • 『シェイディー・グローヴ』 1999年

  • 『June 12 1998』 1999年 (ドキュメンタリー)

  • 『冷たい血 AN OBSESSION』 1997年

  • 『WiLd LIFe jump into the dark』 1997年

  • 『チンピラ』 1996年

  • 『我が胸に凶器あり』 1996年 (オリジナルビデオ)

  • 『Helpless』 1996年

  • 『教科書にないッ!』 1995年 (オリジナルビデオ)



    著書


  • 『EUREKA』

  • 『Helpless』

  • 『われ映画を発見せり』 (映画評論集)

  • 『ホテル・クロニクルズ』講談社、2005年

  • 『死の谷'95』講談社、2005年



    外部リンク


  • Shinji Aoyama (IMDb)

  • 青山真治 (allcinema ONLINE)


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月24日

    映画監督[落合正幸]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    落合正幸



    落合 正幸(おちあい まさゆき、1958年 - )は、元共同テレビジョンのテレビドラマの演出家。
    フリーの脚本家、映画監督。東京都出身。慶応大学野球部出身でとにかく背がでかい。2度結婚しており、元妻はフジテレビアナウンサーと有名女性作家。
    独特の演出方法で、共同テレビの星護とともに80年代、90年代のドラマや映画で話題を集める。また代表作の世にも奇妙な物語の作品を34作と最も多く演出している監督でもある。2003年、共同テレビを退社し、幅広い映画監督活動を開始。「感染」はアメリカでも上映された。



    作品




    [ テレビドラマ ]


  • 奇妙な出来事(1989年)
    「一億の夢」
    「待合室」

  • 世にも奇妙な物語(1990年~)
    「ミッドナイトコール」
    「さよなら6年2組」
    「モルモット」
    「急患」
    「リフレイン」
    「柵」
    「戦争はなかった」
    「ハッピーバースデー・ツー・マイホーム」
    「震える愛」
    「食べ過ぎた男」
    「箱の中」
    「待ちぶせ」
    「私の赤ちゃん」
    「隣の声」
    「時の女神」
    「君だけに愛を」
    「最後の喫煙者」
    「トイレの落書」
    「殺人者の高橋さん」
    「赤ちゃん養育ソフト」
    「ミッドナイトDJ」
    「扉の先」
    「女は死んでいない」
    「5分後の女」
    「中学教師」
    「私は、女優」
    「最期の瞬間」
    「さとるの化け物」
    「13番目の客」
    「心臓の思い出」
    「おばあちゃん」
    「顔を盗まれた」
    「影の国」
    「影が重なるとき」

  • 悪いこと(1992年)
    「雨」
    「歯科医」
    「乗客」

  • NIGHT HEAD(1992年)

  • if もしも』(1993年)
    「あるフェミニスト課長の秘書選び 美人かブスか」
    「『別れましょう』か『結婚しましょう』か」
    「花を愛するか、宝石に生きるか」

  • 時をかける少女(1994年)

  • 金曜エンタテイメント(1994年〜2002年)
    「龍は眠る」(1994年)
    「恐い女シリーズ2 モデルハウス」(1996年)
    「悪いこと」『止まる』、『汚す』(1998年)
    「16週」(2002年)

  • 沙粧妙子-最後の事件-第4話「金網ごしの再会」(1995年)

  • BLACK OUT(1995年)
    「DNA」
    「ホログラフ」
    「インストール」
    「Selfishness」

  • 奇跡の大逆転!第3話「罪は罪を呼ぶ」(2000年)

  • 日本のこわい夜「予感」(2004年)

  • 土曜ワイド劇場「悪魔のような女」、「ラストプレゼント」(2005年)


    [ テレビ番組 ]


  • ごぞんじですか?

  • クイズ!お金が大好き(1984年)

  • これがギネスブックだ

  • ニュースバスターズ(1988年)

  • 西村雅彦のさよなら20世紀(1998年〜1999年)

  • SMAP×SMAP特別編−稲垣吾郎のジャンケンは世界を救う』(1999年)


    [ 映画 ]


  • パラサイト・イヴ (1997年) - 出演:三上博史

  • 催眠(1999年)(脚本を含めて) - 出演:稲垣吾郎

  • 世にも奇妙な物語映画の特別篇 「雪山」(脚本を含めて) - 出演:矢田亜希子

  • 天使の牙(脚本のみ) - 出演:大沢たかお

  • Jホラーシアター|感染(2004年)(脚本を含めて) 出演:佐藤浩市



    関連項目


  • 共同テレビジョン
    共同テレビドラマスタッフ一覧

  • ?島邦明

  • 志田博英

  • 石原隆

  • 関口大輔

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月23日

    映画監督[今井雅之]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    今井雅之



    今井 雅之(いまい まさゆき 1961年4月21日-)は、兵庫県豊岡市(旧・城崎郡日高町_(兵庫県)|日高町)出身の日本の俳優、演出家。身長178cm。空手2段、柔道初段。



    人物紹介

    兵庫県立豊岡高等学校卒業後陸上自衛隊に入隊、滋賀県高島市の第三戦車隊に配属。退官後法政大学文学部英文学科卒業。1986年奈良橋陽子演出『MONKEY』にて舞台デビュー。代表作にTHE WINDS OF GOD(ウィンズオブザゴッド)、すっぴんブルースザムービーなどがある。1996年日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。2004年3月27日の『たかじんのそこまで言って委員会 春の芸能界スペシャル』において、今井雅之がサンズエンタテインメントの野田義治社長の“巨乳”を売りにするマネージメント戦略に激怒し「あんたらみたいのがいるから芸能界おかしくなんのじゃ」と発言した。その発言に浜田幸一が激怒し「目上の人に向かってそんな口を利くんじゃない」と口論になり浜田幸一は途中退席した。後日浜田幸一は、『行列のできる法律相談所』で島田紳助に「また、キレたそうやな」と聞かれ「すまなかった」と謝罪した。2005年3月9日の『愛のエプロン男祭り大会』で中エプにランキングされるなど、いかつい体躯と顔からは想像で\xA1 $-$J$$$[$INAM}$,>eP$$$b2A$rF@$F$$$k!#8rM'4X78$b9-$/!"SMAPの中居正広や代々木ゼミナール|某予備校名物英語講師西谷昇二とも仲がいいらしい。(西谷氏談)
    読売ジャイアンツの大ファンである。岩波書店から『若いぼくらにできること-体験的教育論』(1997年、ISBN 4005002870)など複数の著作を出したかと思うと、最近ではチャンネル桜賛同人になったり、神社本庁や日本会議、靖国会館などでの講演会で神風特攻隊を「カッコいい」「武士道精神に溢れる」と語ったりするなど、保守派・右派文化人としての側面も見せている。しかし「THE WINDS OF GOD」公演の最後には涙ながらに「NO MORE WAR!」と叫ぶなど、反戦への意志も強い。



    出演




    [ 舞台 ]


  • 『THE WINDS OF GOD』 (今井雅之脚本・演出・主演)平成3年度文化庁主催芸術祭賞(原作・脚本・演技)受賞この「THE WINDS OF GOD」は1988年に初演から数十回にわたり再演をしており、海外(ニューヨーク?ロンドン?ハワイ)での公演も高い評価を得ている。2005年は今井雅之主演の舞台、DonDokoDon山口智充とV6森田剛のドラマ、ハリウッドで全編英語脚本?日本人キャスト?スタッフによる映画制作がされている。なお、この舞台は一時封印していたが、9/11テロ事件を『神風アタック』と表現した米メディアに憤りを感じ、再演を決意したという。


    [映画]


  • 静かな生活

  • T・R・Y

  • 八つ墓村

  • WINDS OF GOD
    ほか多数


    [ テレビドラマ ]

    ・◇日本放送協会|NHK総合

  • ええにょぼ(1993年4月〜10月)

  • 花の乱(1994年4月〜12月) 細川政元役

  • ハチロー〜母の詩、父の詩〜(2005年1月〜3月) アイン 役
    ・◇日本テレビ放送網|日本テレビ系

  • もう呼ぶな海!(1999年2月)

  • 87%(2005年1月〜3月) 川上 役
    ・◇東京放送|TBS系

  • 俺たちルーキーコップ(1992年4月〜7月)

  • やとわれ女将・菊千代の事件簿2(2005年2月、月曜ミステリー劇場)
    ・◇フジテレビジョン|フジテレビ系

  • 世にも奇妙な物語 『石田部長代理の災難』(1991年)

  • NIGHT HEAD(1992年12月)

  • お金がない!(1994年7月〜9月)

  • 沙粧妙子・最後の事件(1995年7月〜9月)

  • ギフト (テレビドラマ)|ギフト(1997年4月〜6月)

  • お見合い結婚(2000年1月〜3月)
    ・◇テレビ朝日系

  • 味いちもんめ2(1996年1月〜3月)

  • 味いちもんめスペシャル(1997年1月)

  • 愛は正義(2001年1月〜3月)


    [ TVCM ]


  • 協和発酵 焼酎 大五郎

  • 小林製薬 トイレその後に(2006年)


    [ バラエティ ]


  • 中居くん温泉(1997年、よみうりテレビ)

  • チューボーですよ!(TBS)



    関連項目


  • 日本の男優一覧


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月22日

    映画監督[田中徳三]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    田中徳三



    田中徳三(たなか とくぞう、1925年9月15日- )は、大阪府出身の映画監督である。関西学院大学文学部卒、1948年大映入社。溝口健二らに師事し、助監督を勤めた後に、1958年の『化け猫御用だ』で監督デビュー。勝新太郎主演の「悪名」シリーズ、「兵隊やくざ」シリーズなどの人気作のメガホンを取る。また、邦画界全盛期にプログラムピクチャーを手掛けていただけあってその参加作品数は、同年代の他の著名映画監督と比べて膨大。大映倒産後はフリーとなり、劇場用映画だけでなく、テレビドラマの監督も多数務めた。




    代表作




    [映画]


  • 鯨神

  • 眠狂四郎シリーズ

  • 忍びの者 雲霧才蔵

  • 秘録怪猫伝


    [テレビドラマ]


  • 必殺シリーズ

  • ザ・ハングマンシリーズ

  • 風の中のあいつ

  • 京都マル秘指令 ザ新選組

  • 京都殺人案内シリーズ

  • 京都妖怪地図シリーズ

  • 祭ばやしが聞こえる



    関連項目


  • 井上梅次

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月21日

    映画監督[瀬々敬久]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    瀬々敬久



    瀬々 敬久(ぜぜ たかひさ,1960年 - )は日本の映画監督。大分県出身。京都大学文学部哲学科卒業。
    1985年自主制作映画「ギャングよ、向こうは晴れているか」で高い評価を得た後、1989年「課外授業・暴行」で監督デビュー。
    ピンク映画から活動を始める。サトウトシキ、佐野和宏などとともに、ピンク四天王と呼ばれる。1997年より一般劇場映画に進出する。



    作品

    1989年

  • 課外授業 暴行
    1994年

  • 本番レズ 恥ずかしい体位 ( 九月の堕天使 )

  • 高級ソープテクニック4 悶絶秘戯 ( 迦楼羅の夢 )
    1995年

  • 終わらないセックス ( 夜鳴く蝉 )

  • すけべてんこもり ( あおかん白書 南の島へ連れてって / End of The World )
    1997年

  • KOKKURI こっくりさん

  • 黒い下着の女 雷魚 ( 雷魚 )
    1999年

  • 汚れた女
    1999年

  • アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女 ( アナーキー・インじゃぱんすけ 連鎖誘拐 / 神様あんたただの役立たずじゃねえか )
    2000年

  • HYSTERIC
    2001年

  • SFホイップクリーム

  • RUSH!

  • トーキョー×エロティカ 痺れる快楽
    2002年

  • ドッグ・スター
    2003年

  • MOON CHILD (映画)|MOON CHILD
    2004年

  • ユダ

  • サンクチュアリ ( just a like woman / mrs )
    2005年

  • 肌の隙間
    2006年

  • 刺青2


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月20日

    映画監督[今井正]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    今井正



    今井 正(いまい ただし、1912年1月8日 - 1991年11月22日)は、昭和期の映画監督。東京都渋谷に住職の子として生まれる。芝中学校・高等学校|旧制芝中学校時代よりマルクス主義と映画に傾倒し、1935年、東京帝国大学を中退し、「J・Oスタジオ(現・東宝)」に入社する。1939年『沼津兵学校』で監督デビュー。第2次世界大戦中は、数々の戦意高揚映画を製作する。戦後は、一転して『青い山脈』、『また逢う日まで』と民主主義の社会の到来を高らかに謳いあげる作品を次々と発表した。その後は、東宝争議の時期にフリーとなり、戦争や差別など社会的テーマを掘り下げる作品を発表し続けた。1963年『武士道残酷物語』で、ベルリン映画祭グランプリを受賞した。日本共産党員。『橋のない川』第二部を巡って部落解放同盟から糾弾を受けたことも知られている。



    代表作


  • 青い山脈 (映画)|青い山脈 (1949年)

  • また逢う日まで (1950年)

  • 山びこ学校 (1952年)

  • ひめゆりの塔 (1953年)

  • にごりえ (1953年)

  • ここに泉あり (1952年)

  • 真昼の暗黒 (1956年)

  • 米 (1957年)

  • 純愛物語 (1957年)

  • キクとイサム (1959年)

  • あれが港の灯だ (1961年)

  • 武士道残酷物語 (1963年)

  • 越後つついし親不知 (1964年)

  • 砂糖菓子が壊れるとき (1967年)

  • 橋のない川 (1969年)

  • 婉という女 (1971年)

  • あゝ声なき友 (1972年)

  • 海軍特別年少兵 (1972年)

  • あにいもうと (1976年)

  • ひめゆりの塔 (1982年)

  • 戦争と青春 (1991年)


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月19日

    映画監督[伊藤大輔]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    伊藤大輔



    伊藤大輔* 伊藤大輔 (レーサー)は、東京都出身のレーシングドライバー。

  • 伊藤大輔 (映画監督)は、愛媛県出身の大正・昭和期の時代劇で有名な映画監督。

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月18日

    映画監督[豊田利晃]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    豊田利晃



    豊田 利晃(とよだ としあき、1969年 - )は、大阪府東大阪市出身の映画監督。9歳から17歳まで新進棋士奨励会に所属(奨励会の同期に林葉直子らがいる)。その時の体験をもとに、阪本順治監督『王手』の脚本を書き上げ、映画界にデビュー。1998年には『ポルノスター』を初監督(千原ジュニア|千原浩史主演)。その年の日本映画監督協会新人賞を受賞。その後、4人の実在のボクサーを5年間追い続けた映像をまとめた『アンチェイン』、松本大洋の人気コミックを映像化し、松田龍平、新井浩文主演として、ミニシアター系では異例のヒットを飛ばした『青い春』、9人の脱獄犯を見事に描いた『ナイン・ソウルズ』と、優れた作品を発表し続けている。最新作は、直木賞作家角田光代の原作で、主演に小泉今日子を迎えた『空中庭園』(2005年10月公開)。2005年8月24日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕。



    作品

  • ポルノスター(デビュー作)

  • アンチェイン

  • 青い春

  • ナイン・ソウルズ

  • 空中庭園(2005年10月公開。なお、上記の事件(覚醒剤所持)による逮捕に伴って配給元のアスミック・エースは公開の延期か中止かという判断を迫られたものの、最終的に公開が決定。)



    CM


  • 鬼武者2(カプコン)

  • アミノサプリ(キリンビバレッジ)



    PV


  • サイレン (ASIAN KUNG-FU GENERATION)

  • 君という花 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)

  • あと10秒で(ART-SCHOOL)

  • 発光(ROSSO)

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月17日

    映画監督[山中貞雄]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    山中貞雄



    山中 貞雄(やまなか さだお、1909年11月8日 - 1938年9月17日)は日本の映画監督。京都生まれ(高知という説もあり)。



    来歴・人物

    1927年、中学校の先輩であるマキノ雅弘|マキノ正博(「日本映画の父」こと牧野省三の息子)を頼って、マキノ御室撮影所へ入社。マキノは活躍できるようにと1928年、山中を脚本家兼助監督として第一次嵐寛寿郎プロダクションに移籍させるが五社協定によりその年に独立プロは失敗。実家に戻った山中を親戚一同は縛り付けるように足を洗えと説得したが心中の灯は消えていなかった。1930年、嵐が東亜に招かれると、山中を含む旧寛プロも参集。「むっつり右門」の脚本でその真価を確信した嵐は1932年、長谷川伸の戯曲を脚色した『磯の源太 抱寝の長脇差』を監督第一作として発表させる。この作品が映画評論家の岸松雄の目にとまり大絶賛されたことで注目が集まり、その結果、処女作にしてその年のベストテンに名を連ねるなど山中貞雄は日本映画界の巨匠の仲間入りをした。翌年に、第二次寛プロから日活京都へ移籍。以降、若き天才監督の名前をほしいままに、『盤獄の一生』『街の入墨者』を発表。また会社の枠組をこえ、稲垣浩、滝澤英輔や脚本家の八尋不二ら俊才と\xA1 %7%J%j%*=8CD!VLDBlAH!W$r7k@.$7!";~Be7`1G2h$KBg$-$J3W?7$r@8$_!"HcI>2H0J>e$K4Q=0$+$i$bBg$-$J;Y;}$rF@$F$$$?!#8rM'4X78$b9-$/!"!VLDBlAH!W$NLL!9$N$[$+!"0KF#BgJe (映画監督)|伊藤大輔や伊丹万作ら京都の映画人はもとより、小津安二郎、清水宏 (映画監督)|清水宏など東京在住の映画人とも、幾度となく盃を交えた。1937年、PCL(現在の東宝)で発表した『人情紙風船』を最後に従軍。翌年、中国河南省開封の病院で戦病死した。享年29。その短い生涯に発表した監督作品は二十三本。しかし、現在、『丹下左膳余話 百萬両の壺』『河内山宗俊』『人情紙風船』の三作品しか見ることができない。甥に映画監督の加藤泰がいる。山中貞雄ファンの有名人としては山下達郎、秋月りすがいる。



    外部リンク


  • 山中 貞雄:作家別作品リスト(青空文庫)

  • 山中貞雄を見よう!!(ファンサイト)


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月15日

    映画監督[大森一樹]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    大森一樹



    大森 一樹(おおもり かずき、1952年3月3日 - )は映画監督。大阪市生まれ。京都府立医科大学医学部卒業。医師免許を持つ珍しい映画監督。兵庫県芦屋市在住。2004年より大阪芸術大学芸術学部映像学科客員教授。



    作品


  • 1977年『オレンジロード急行』(第3回城戸賞)

  • 1981年『風の歌を聴け』(監督・脚本)

  • 1986年『恋する女たち』(文化庁優秀映画賞、第11回日本アカデミー賞優秀脚本賞・優秀監督賞)

  • 1988年『ゴジラVSビオランテ』(脚本・監督)

  • 1989年『花の降る午後』(脚本・監督)

  • 1991年『ゴジラVSキングギドラ』(脚本・監督)

  • 1992年『ゴジラVSモスラ』(脚本)

  • 1995年『ゴジラVSデストロイア』(脚本)

  • 1996年『わが心の銀河鉄道〜宮沢賢治物語』(第29回日本アカデミー賞優秀監督賞)

  • 2002年『T.R.Y. トライ』(監督)

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月14日

    映画監督[北村龍平]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    北村龍平



    北村 龍平(きたむら りゅうへい、1969年5月30日 - )は、映画監督。大阪生まれ。大阪の高校中退後、17歳でオーストラリアへ渡り、スクール・ オブ・ビジュアル・アーツ映画科に入学。卒業制作の短編映画『EXIT -イグジット-』が高い評価を受け、年間最優秀監督賞を受賞する。帰国後、1995年に映像集団ナパームフィルムズを結成、自主制作映画『DOWN TO HELL』が第1回インディーズムービー・フェスティバルでグランプリを受賞。その後インディーズムービー・フェスティバルのスカラシップ作品として監督した『VERSUS ヴァーサス』で名を知られるようになる。その後『あずみ』『ゴジラ FINAL WARS』などの大作を監督し、“ハリウッドに最も近い男”と呼ばれる。そのビッグマウスと豪胆な風貌から国内の評価は分かれるが、海外での評価は高く『VERSUS ヴァーサス』はかのジャン=リュック・ゴダールも『アワーミュージック』(2004年)に引用したと述べている。なお、彼の作品は『あずみ』『ゴジラ FINAL WARS』など歴代の人気漫画・シリーズを手ぁ ,$1$k:]9qFb$N%U%!%s$+$iHcH=$5$l$k$b$N$b>/$J$+$i$:B8:_$9$k!#%"%a%j%+$G$NBeM}?M$OAnonymous Content社。ウォン・カーワイやアン・リー、デイヴィッド・フィンチャー等もここに代理されている。ハリウッド進出第1作目はクライブ・バーカー原作の短編『ミッドナイト・ミートトレイン』と決定。2007年冬に撮影開始、2008年にLionsgateによって世界配給される。



    主な監督作品




    [映画]


  • DOWN TO HELL(1997年)

  • ヒート・アフター・ダーク(1999年)

  • VERSUS (映画)|VERSUS ヴァーサス(2001年)

  • Jam Films 「the messenger -弔いは夜の果てで-」(2002年)

  • ALIVE (映画)|ALIVE -アライブ-(2003年)

  • あずみ (映画)|あずみ(2003年)

  • 荒神(2003年)

  • スカイハイ (漫画)#スカイハイ 劇場版|スカイハイ 劇場版(2003年)

  • LONGINUS(2004年) - DVD作品

  • ゴジラ FINAL WARS(2004年、東宝)

  • Bandage(2005年)

  • LOVEDEATH(2006年)


    [ゲーム]


  • メタルギアソリッド|METAL GEAR SOLID THE TWIN SNAKES(2004年) ※ムービー部分の演出


    [CM]


  • 京セラ 携帯電話 A1403K(2004年)


    [その他]


  • 『長渕剛オールナイトライブin桜島DVD』

  • 『スカイハイ』(2003年/テレビ朝日)

  • 『スペシャルドラマ恋愛小説/月のしずく』(2006年/TBS)



    外部リンク


  • Ryuhei Kitamura.com


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月13日

    映画監督[辻仁成]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    辻仁成




    辻 仁成(歌手・映画監督の場合つじ じんせい、作家の場合及び本名つじ ひとなり、1959年10月4日-)は日本のミュージシャン・歌手、映画監督、小説家。血液型はO型。



    略歴

    1959年10月4日 東京都南多摩郡日野町(現日野市)に生まれ、その後父親の仕事の都合で福岡市、帯広市、函館市と各地を転々とする。北海道函館西高等学校卒業。成城大学経済学部中退。
    父親は中央大学。「そこに僕はいた」参照。
    ロックバンドのECHOES(エコーズ)のヴォーカリストとしてデビュー。1989年、「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞し作家デビュー。1996年、「海峡の光」で第116回芥川龍之介賞|芥川賞を受賞。函館市栄誉賞受賞。1999年、「白仏」でフランスの文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として初めて受賞。夫人は、女優、歌手の中山美穂(2002年6月結婚)。前妻は女優の南果歩(1995年結婚、2000年3月離婚)。母は、童話作家の東君平夫人と従姉妹にあたる。弟は福岡市で陶芸教室を開いている。やしきたかじんとは、犬猿の仲。



    作家




    [著作本]


  • 『ピアニシモ』(1990年)(第13回すばる文学賞受賞)

  • 『クラウディ』(1990年)

  • 『カイのおもちゃ箱』(1991年)

  • 『ガラスの天井』(1992年)

  • 『旅人の木』(1992年)

  • 『そこに僕はいた』(1992年)(ここに収録されている「新聞少年の歌」は教育出版の中学1年国語の教科書に、「そこに僕はいた」は、東京書籍の中学1年国語の教科書に収録されている。)

  • 『フラジャイル』(1992年)

  • 『屋上で遊ぶ子供たち』(1992年)

  • 『ミラクル』(1993年)

  • 『希望回復作戦』(1993年)

  • 『グラスウールの城』(1993年)

  • 『母なる凪と父なる時化』(1994年)(第110回芥川龍之介賞|芥川賞候補作)

  • 『オープンハウス』(1994年)

  • 『愛はプライドより強く』(1995年)

  • 『ここにいないあなたへ』(1995年)

  • 『パッサジオ』(1995年)

  • 『錆びた世界のガイドブック』(1995年)

  • 『ぼく、いたくない』(1995年)

  • 『応答願イマス』(1995年)

  • 『ニュートンの林檎』(1996年)

  • 『アンチノイズ』(1996年)

  • 『きょうのきもち』(1996年)

  • 『函館物語』(1996年)

  • 『音楽が終わった夜に』(1996年)

  • 『愛の工面』(1997年)

  • 『海峡の光』(1997年)(第116回芥川龍之介賞|芥川賞受賞)

  • 『僕のヒコーキ雲』(1997年)

  • 辻仁成詩集 現代詩文庫149』(1997年)

  • 『白仏』(1997年)(フランスの文学賞「フェミナ賞・外国小説賞」を日本人として初めて受賞)

  • 『世界は幻なんかじゃない』(1998年)

  • 『ガンバルモンカ』(1998年)

  • 『ワイルドフラワー』(1998年)

  • 『五女夏音』(1998年)

  • 『千年旅人』(1999年)

  • 『冷静と情熱のあいだ Blu』(1999年)(『冷静と情熱のあいだ Rosso』は江國香織著)

  • 『嫉妬の香り』(2000年)

  • 『ニューヨークポエトリーキット』(2000年)

  • 『愛をください』(2000年)

  • 辻仁成 青春の譜』(2000年)

  • 『サヨナライツカ』(2001年)

  • 『愛するために生まれた』(2001年)

  • 『太陽待ち』(2001年)

  • 『目下の恋人』(2002年)

  • 辻仁成+種田陽平式映画づくりの旅』(2002年)(種田陽平と共著)

  • 『愛と永遠の青い空』(2002年)

  • 『彼女は宇宙服を着て寝る』(2002年)

  • 『ZOO 〜愛をください〜』(2002年)

  • 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』(2003年)

  • 『99才まで生きたあかんぼう』(2003年)

  • 『いまこの瞬間 愛しているということ』(2003年)

  • 『刀』(2004年)

  • 『代筆屋』(2004年)

  • 『いつか、一緒にパリに行こう』(2005年)

  • 『幸福な結末』(2005年)

  • 『アカシア』(2005年)

  • 絵本『ヤダとイイヨ』(2005年)

  • 『二十八光年の希望』(2006年)

  • 『青空の休暇』(2006年)

  • 『愛のあとにくるもの』(2006年)


    [ビデオ]


  • 『生まれ変わるとしたら』(1996年)(ポエトリー・リーディング)



    音楽




    [作品]


  • 『WELCOM TO THE LOST CHILD CLUB』(ECHOES)

  • 『HEART EDGE』(ECHOES)

  • 『No Kidding』(ECHOES)

  • 『Goodbye gentle land』(ECHOES)

  • 『HURTS』(ECHOES)

  • 『Dear Fridnd』(ECHOES)

  • 『EGGS』(ECHOES)

  • 『遠くのそらは晴れている』(辻仁成

  • 『君から遠く離れて』(辻仁成

  • 『言葉はキュークツ』(辻仁成

  • 『第三反抗期』(辻仁成

  • 『Sq.-スクエア-』(辻仁成

  • 『抜本的政治改革』(BEAT MUSIK)

  • 『NEW WALL』(TSUJI JINSEI×BEAT MUSIK)


    [楽曲を提供したアーティスト]


  • 浅香唯 … 『孤独(ひとり)〜この声が聞こえても〜』(作曲)

  • 甲斐バンド … 『O'l Night Long Cruising』(作詞)

  • カルメン・マキ … 『ワイルドフラワー』(作詞?作曲)

  • 川村かおり … 『ZOO』・『Sweet Little Boy』・『真っ白な月-Moon On The Destiny-』(作詞・作曲)

  • 小森まなみ … 『ハートのKey Station』(作曲)

  • 中村あゆみ … 『つなぎとめてほしい』(作詞)・『Star Lights』(作曲)

  • 野本直美 … 『Crossroad Again』(作詞?作曲)

  • 高橋研 … 『St.Jone's crusedes』(共作)

  • 蓮井朱夏(菅野美穂) … 『ZOO 〜愛をください〜』(作詞・作曲)

  • 早見優 … 『風になれ』(作詞・作曲)

  • BEGIN … 『愛が走る』(作詞)

  • yuma … 『見つけてね』・『Aria』(作詞・作曲)



    映画監督


  • 『天使のわけまえ』(1994年)

  • 『千年旅人』(1999年)

  • 『ほとけ』(2001年)(ドーヴィル・アジア映画祭にて最優秀イマージュ賞受賞)

  • 『フィラメント』(2002年)

  • 『目下の恋人』(2002年)



    テレビドラマ脚本


  • 『愛をください』(フジテレビ系)



    出演番組




    [ラジオ]


  • Radio Freedom・金曜日(1985年12月 - ? 横浜エフエム放送|FM横浜)

  • 辻仁成のオールナイトニッポン・月曜日・2部(1987年10月 - 1989年10月 ニッポン放送)

  • FMロックサーキット・水曜日(1987年10月 - ? FM福岡)

  • パックインミュージック21・水曜日・1部(1993年1月 - 4月 TBSラジオ)



    関連項目


  • 日本の映画監督一覧

  • 江國香織

  • 孔枝泳

  • 鈴木慶一

  • 松武秀樹

  • 尾崎豊

  • ポエムリーディング



    外部リンク


  • 辻仁成 オフィシャルウェブサイト

  • 今川勉 オフィシャルウェブサイト

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月12日

    映画監督[加藤泰]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    加藤泰



    加藤 泰(かとう たい、1916年 - 1985年6月17日)は、日本の映画監督。神戸市出身。戦後から時代劇や任侠映画の監督として活躍。代表作に『真田風雲録』、『明治侠客伝 三代目襲名』、『緋牡丹博徒』シリーズなどがある。極端なまでのローアングルとクローズアップを特徴とする「作家主義」の映画監督。ローアングルについては舗装されていない公道を掘り返してカメラを据え、電線が写った際には「電線を切れ」と言ったという凝り性。叔父は映画監督の山中貞雄。


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
    posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月11日

    映画監督[原田眞人]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    原田眞人




    原田 眞人(はらだ まさと、1949年7月3日 - )は日本の映画評論家、映画監督である。静岡県沼津市生まれ。1949年7月3日、静岡県沼津市に生まれる。静岡県立沼津東高等学校卒業、東京写真専門学校中退。1972年1月から6月までロンドンに語学留学。
    1973年からはロサンゼルスをベースに本格的な映画評論活動を始め、1979年『さらば映画の友よ インディアンサマー』で監督デビューする。1976年ジャーナリストの福田みずほと結婚。長女麻穂はヴァンクーヴァー在住。長男は俳優の遊人。
    1987年、映画『フルメタル・ジャケット』の字幕翻訳を手がける。
    2003年、映画『ラストサムライ』では俳優として参加。



    監督作品


  • 『さらば映画の友よ インディアンサマー』(1979年)

  • 『ウインディー』(1984年)

  • 『盗写/250分の1秒』(1985年)

  • 『PARIS-DAKAR 15000 栄光への挑戦』(1986年)

  • 『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』(1986年)

  • 『さらば愛しき人よ』(1987年)

  • 『ガンヘッド』(1989年・SF映画 主演高嶋政宏)

  • 『ペインテッド・デザート』(1994年)

  • 『KAMIKAZE TAXI』(1995年)

  • 『トラブルシューター』(1995年)

  • 『栄光と狂気』(1996年)

  • 『バウンス ko GALS』(1997年)

  • 『金融腐蝕列島 呪縛』(1999年)

  • 『狗神 INUGAMI』(2001年)

  • 『突入せよ! あさま山荘事件』(2002年)

  • 『自由恋愛』(2006年)

  • 『魍魎の匣』(2007年)



    出演作品


  • 『ラストサムライ』(2003年、アメリカ・ニュージーランド・日本合作)「大村」役

  • 『SPIRIT』 (2006年、香港・アメリカ合作) 「ミスター三田」役



    翻訳


  • 『栄光と狂気』(1996年)


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月10日

    映画監督[伊藤大輔]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    伊藤大輔



    伊藤大輔* 伊藤大輔 (レーサー)は、東京都出身のレーシングドライバー。

  • 伊藤大輔 (映画監督)は、愛媛県出身の大正・昭和期の時代劇で有名な映画監督。

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月09日

    映画監督[和田誠]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    和田誠



    和田 誠
    ・日本のイラストレーター。後述。
    ・日本のヘヴィメタル評論家。和田誠 (評論家)を参照。----和田 誠(わだ まこと、1936年4月10日 - )は、大阪府生まれのイラストレーター。東京都立千歳高等学校(現東京都立芦花高等学校)、多摩美術大学図案(現デザイン)科卒業。1959年に広告制作会社「ライトパブリシティ」に入社。1968年同社を退社後フリーのグラフィックデザイナー|デザイナー、イラストレーターとして活躍する。星新一の挿絵で知られ、本業のデザインのほか、作詞・作曲から翻訳まで幅広い分野で活動。特に映画ファンとして有名で、『お楽しみはこれからだ』をはじめとするエッセイ集がある。映画監督としても評価が高い。「週刊文春」の装画も描いている。父は築地小劇場の和田精、夫人は料理愛好家・シャンソン歌手の平野レミ。ロック (音楽)|ロックバンド (音楽)|バンドTRICERATOPSの和田唱は息子。



    受賞歴


  • 1958年:『夜のマルグリット』のポスターにより日本宣伝美術会賞受賞。

  • 1960年:タバコ|たばこの「ハイライト」のデザイン・コンペに入賞。

  • 1964年:短編アニメ映画『殺人 MURDER』により毎日映画コンクール大藤信郎賞受賞。

  • 1969年:似顔絵その他で文藝春秋漫画賞受賞。

  • 1974年:似顔絵集『PEOPLE』で講談社出版文化賞(ブックデザイン部門)受賞。

  • 1981年:講談社出版文化賞(さしえ部門)受賞。

  • 1982年:『ビギン・ザ・ビギン』で角川書店日本ノンフィクション賞受賞。

  • 1984年:映画『麻雀放浪記』で報知映画賞新人賞受賞。

  • 1989年:映画『怪盗ルビイ』でブルーリボン賞受賞。

  • 1993年:『銀座界隈ドキドキの日々』で講談社エッセイ賞受賞。

  • 1994年:幅広い活躍により菊池寛賞受賞。



    挿絵・著作一覧


  • きまぐれロボット

  • ポスターランド

  • 倫敦巴里

  • いつか聴いた歌

  • 金田一耕助の冒険

  • 真説 金田一耕助

  • 冷蔵庫より愛をこめて

  • ナポレオン狂

  • 深夜の散歩−ミステリの愉しみ−

  • 探偵たちよ、スパイたちよ

  • 和田誠百貨店

  • ことばのこばこ

  • デザイン街路図

  • 装丁物語

  • お楽しみはこれからだ Part 1-7

  • シネマッド・カクテルパーティ

  • 新人監督日記

  • 銀座界隈ドキドキの日々

  • たかが映画じゃないか

  • それはまた別の話

  • これもまた別の話

  • 時間旅行

  • 今日も映画日和

  • 指からウロコ

  • 物語の旅

  • パイがいっぱい

  • 気まずい二人

  • オフ・オフ・マザー・グース(翻訳)

  • ロビン・フッドに鉛の玉を(翻訳)

  • 虹の彼方の殺人(翻訳)



    フィルモグラフィー


  • 殺人 MURDER(1964年) 制作・監督・作画

  • パンパの活躍(1970年) 美術・アニメーション

  • 恋の大冒険(1970年) 美術

  • 麻雀放浪記#映画 麻雀放浪記|麻雀放浪記(1984年) 監督

  • 快盗ルビイ(1988年) 監督・脚本

  • 怪盗ジゴマ 音楽篇(1988年) 製作・監督・作曲

  • 怖がる人々(1994年) 監督・脚本

  • しずかなあやしい午後に(第一話 ガクの絵本)(1997年) 監督・脚本

  • 真夜中まで(1999年) 監督・脚本

  • みんなのいえ(2001年) 出演



    関連文献


  • 12人のグラフィックデザイナー(第2集)・美術出版社編集部編・美術出版社・1977年([http://www.booksrepublic.com/art-22detail.html])

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月08日

    映画監督[黒澤明]

    お待たせ!
    映画ファン「映画監督・評論家編」
    黒澤明



    黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)(黒沢 明とも表記)は、日本の映画監督。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に、海外でも広く名前が知られている日本映画の巨匠の一人であり「世界のクロサワ」、またその妥協を許さない徹底ぶりとワンマンな振舞やこの年代の日本人には珍しい堂々たる体躯(身長181cm)から「クロサワ天皇」などと呼ばれた。 米国映画芸術科学アカデミー会員。文化勲章受章者。



    経歴

    東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井)に4男4女の末っ子として生まれる。父親は秋田県大仙市(旧中仙町)出身の元軍人、体育教師。
    1928年、京華中学校卒業。画家を志し、日本プロレタリア美術家同盟に参加。1936年、画業に見切りをつけて26歳でP.C.L.映画製作所(現在の東宝)に入社。主として山本嘉次郎の助監督を務める。1943年、『姿三四郎』で監督デビュー。以後、終戦を挟んで『一番美しく』『わが青春に悔い無し』『素晴らしき日曜日』『酔いどれ天使』『野良犬』などの社会派ヒューマンドラマの佳作を次々と発表し、東宝の看板監督の一人となる。1950年に大映で撮影した『羅生門 (映画)|羅生門』(原作は芥川龍之介の『藪の中』)は1951年にべネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞。その映像感覚が国際的に注目される。続けてドストエフスキー原作の『白痴 (黒澤明)|白痴』(1951)やヒューマンドラマの傑作『生きる』(1952)を発表し、後者でベルリン国際映画祭上院特別賞を受賞。1954年に発表した大型時代劇『七人の侍』は大ヒットし、2度目のべネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞するなど国際的評価も受ける。ウィリアム・シェイクスピア! |シェイクスピアの『マクベス (シェイクスピア)|マクベス』を日本の戦国時代を舞台に翻案した『蜘蛛巣城』(1957)や娯楽時代活劇『隠し砦の三悪人』(1958)を作成後に、独立プロダクションである黒澤プロを設立。時代活劇の傑作『用心棒』(1961)『椿三十郎』(1962)、社会派サスペンスの傑作『天国と地獄』(1963)を立て続けに発表し大監督の名声を確定させる。黒澤プロの設立は、撮りたい映画のために我を通そうとする黒澤と映画会社との確執、あるいは映画監督がこうむっていた低待遇への不満を背景としたものだったが、黒澤の完全主義を徹底させた『赤ひげ』(1965, 山本周五郎原作)はクランクインからクランクアップまで約3年を要するなど、ワンマン監督を擁するプロダクション運営には問題もつきまとった。ハリウッドからのオファーを受けるようになった黒澤は『赤ひげ』の撮影後、アメリカで『暴走機関車』の制作を準備するが、制作方針を巡りアメリカ側と深刻な対立が生じたために頓挫(後にアンドレイ・コンチャロフスキーが黒澤の脚本を原案として映画化)。1968年に日米合作『トラ・トラ  &%H%i!』の日本側監督を務めることになったが、米国側の製作\xA1 2q


    作品をめぐる評価
    日本を代表する映画監督を一名だけあげろと言われればほとんどの人が黒澤の名をあげるだろうし、国際的にも20世紀の映画監督として十指に入ることに異論を唱える人はほとんどいない。骨太のヒューマニズムやストーリーテリングの巧みさ、鋭い映像感覚は映画のお手本として多くの後進映画監督たちに影響を与えた(「世界的な影響」を参照)。ただし、『赤ひげ』までのモノクロ作品までは絶賛するする人も以後のカラー作品に対しては評価が厳しくなることがある。後期の黒澤映画はエンターテインメント性が薄れて、難解になる傾向があり、その作品スタイルも大きく変貌した。



    演出スタァ $%k
    妥協を許さない厳しい演出はことに有\xA1 L>$G!"2? %v7n$K$b$o$?$kGPM%$?$A$N1i5;%j%O!<%5%k!"%9%?%C%U$HLr.F;6q$r:n$j9~$`!J1G2h$NCf$G$O3+$1$i$l$J$$0z$-=P$7$NCf$d!"1G2h$NCf$G$OFI$^$l$k$3$H$NL5$$O$^$G:n$j9~$`$h$&$K%9%?%C%U$K;X<($7$?!K!";#1F$K;H$&GO$O%l%s%?%k$;$:!"2?==F,$r4]$4$HGc$$$7$F$+$i;H$&!"Ey!90oOC$OB?$$!#



    三船敏郎との関係
    黒澤は1948年の『醉いどれ天使』にはじまり、1965年の『赤ひげ』まで、主演には三船敏郎を頻繁に起用した。この時期の黒澤作品は「三船無くして黒澤は無く、黒澤無くして三船は無い」とでもいうべき、スター俳優とスター監督との幸福な関係に支えられているといってよい。
    しかし、その後ぴったりと黒澤は三船を使わなくなり、そのために二人の確執は様々に取り沙汰されることになる。この件に関しても真偽の良くわからない逸話が多く伝えられているが、俳優の自主性を認めず長期間の撮影に縛り付ける黒澤のやり方に三船が反発した、あるいは大物俳優としてリスクを冒さなくなった三船に黒澤が失望して両者に溝ができたとされている。1968年に日米合作『トラ・トラ・トラ!』の日本側監督を務めることになり、プロの俳優を起用せず、素人ばかりをキャスティングするという黒澤の方針を聞いた三船は「日本のプロの演技者全てに対する侮辱」であるとマスコミを通じて批判した。監督を降板(莫大なペナルティを払うのを回避するため病気という理由にした)する事態となり、20世紀フォックスは、黒沢プロの代わりに三船プロにこの仕事を依頼したが?三船はこの仕事を断った。デルスウザーラの主演に最初、三船を予定していたが、撮影での拘束期間が長過ぎ、出演は取り止めに成った。乱でも、主演を予定したと言われているが、真偽は不明。
    三船自身は、大手映画会社に次ぐ規模の大きなスタジオ(三船プロ)を経営しており、その経営が苦しく成ってからは、長期拘束の仕事は、余計に難しくなってしまった。
    後年、『影武者』の撮影現場にビデオカメラを持ち込んで自分の演技をチェックしようとした主役の勝新太郎に黒澤が激怒し、「監督は二人要らない」という名言とともに勝を主役から降ろしたエピソードから見て、「専制君主的演出家に俳優が愛想を尽かした」一例と考えられる。



    世界的な影響

    海外の映画作家らへの影響は計り知れず、直接作品の中で模倣されたものだけでも枚挙に暇が無い。ジョージ・ルーカスは代表作『スター・ウォーズ』の登場キャラクターを『隠し砦の三悪人』から着想したと述べており(そもそも『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』自体のストーリーが『隠し砦の三悪人』に酷似しており、ファーストシーン・ラストシーンともそっくりである)、スティーヴン・スピルバーグの『未知との遭遇』の砂嵐の中からジープが現れる場面は『蜘蛛巣城』、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で主人公が後ろ姿だけで顔を見せない冒頭は『用心棒』を模したと言われ、フランシス・フォード・コッポラの『ゴッドファーザー』のファーストシーンの結婚式の場面は『悪い奴ほどよく眠る』の手法を模したといわれる。また、『七人の侍』が米映画『荒野の七人』(ジョン・スタージェス監督)、『用心棒』が米映画『ラストマン・スタンディング』(ウォルター・ヒル監督)などに翻案された。イタリア映画『荒野の用心棒』(セルジオ・レオーネ監督)のように盗作問題に発展したケースもある。技術的には例えばサム・ペキ\xA1 %s%Q!<4FFD$,F@0U$H$7$FB>$N%"%/%7%g%s1G2h$G$bB?MQ$5$l$k%"%/%7%g%s%7!<%s$N%9%m!<%b!<%7%g%s;#1F$O!"85$O$H$$$($P黒澤明の手法であったし、アクションシーンを望遠レンズで撮る技法も同様である。また、雨や風、水といった自然描写の巧みさはアンドレイ・タルコフスキーのような芸術映画監督を感嘆させて影響を与えたし、『羅生門』の映像美とストーリーテリングの巧みさはフェデリコ・フェリーニが深く共感した。この映画では、どしゃぶりの雨の質感を出すために墨汁を混ぜた水を放水車で降らせ、当時の技術的タブーを破って太陽に向かってカメラを向けさせ、森の中を走るシーンを移動撮影ではなくてパニングで撮るために俳優達をカメラの周りを円を描くように走らせ、視覚効果を得るために様々な工夫を凝らしている。



    黒澤と特撮
    東宝の同僚である本多猪四郎とは無二の親友であったし、『ゴジラ』も評価していたにもかかわらず、東宝のぁ *2H7]$G$"$k%_%K%A%e%"%;%C%H;#1F$r9u_7$O;H$o$J$+$C$?!#!XO"9g4OB! b (B1G2h)|連合艦隊』(81)を準備していたプロデューサーの田中友幸に「軍艦の一つも再現できないのにどうしてそんな映画を作るんだい?」と尋ねたというエピソードが残されている。『赤ひげ』では山崎努の回想シーンで大地震が描かれるが、通常ならミニチュア特撮のカットが入りそうな所を、黒澤は実際の古い家屋を引き倒した映像を、地震による倒壊に見立てて使用した。しかし後年になると、城の炎上シーンにミニチュアを使用するなど(『乱』のラストの一の城炎上)、光学合成を使用したカットが現れる。(『乱』では、この他に一の城の天守閣の窓から見える外の光景、秀虎に矢で殺された男の地面に広がる血、三の城合戦での矢の一部、地平線から見える三の城炎上の煙、兜の鍬形の反射光等があげられる)。『夢』ではVFXが積極的に取り入れられ、「鴉」のエピソードではハイビジョンでのデジタル合成が行われ、空を飛ぶ鴉はCGIで数が増やされている。これらのシーン等はILMが担当した。



    芸能界に関係する家族

    妻は矢口陽子(女優)。タレントでプロデューサーの黒澤久雄は息子。衣装デザイナーの黒澤和子は娘。加藤隆之は孫。 黒澤優と黒澤萌は孫娘。




    その他
    海外への影響についてはよく語られているが、海外からの影響については案外に語られない。黒澤明の映画はハリウッド、特にジョン・フォードの映画から強く影響を受けていることは本人が認めているところである(例えば馬が疾走する撮影のコツをジョン・フォード監督から教えて貰ったときの話を後年、黒澤は誇らしげに語っている)。その黒澤からコッポラやスピルバーグのようなハリウッドの監督が影響を受けるという、黒澤とハリウッド映画との相互関係がある。また、『荒野の用心棒』の盗作問題で、セルジオ・レオーネ監督は「しかし、この映画だって元はといえば『血の収穫』のパクリじゃないか」という趣旨のことを述べているように、黒澤映画のすべてがオリジナルな訳ではない。そもそも黒澤自身が晩年に至るまで新しいスタイルを取り込むことに貪欲だった。『乱』ではそれまでのリアリズムを放棄して能装束を大胆に取り入れ(衣装デザイナ  <$O%o%@!&%(%_!K!">kFb$r%+%U%'%P!<$N$h$&$J4V@\>HL@$G%G%6%$%s$7$?!#!XL4!Y$N@nLL$r1G$9%7!<%s$N;#1FJ}K!$O%?%k%3%U%9%-!<$K65$($F$b$i$C$?$b$N$G$"$k!#$^$?!XH,7n$N68;m6J!Y$G$O%9%?%C%U$KBgNS@kI'4FFD$N!X$5$S$7$s$\$&!Y$r2?EY$b8+$;$?>e$G:n@=$KF~$C$F$$$k!#e$,$C$?:nIJ$O!";R6!$N;H$$J}$d8l$j8}!"FC;#9g@.$K;j$k$^$G!"?F;R$[$I$bG/Np:9$N$"$kG/2<$NBgNS@kI'4FFD$N1F6A$r


    監督作品



    [ 監督 ]




    受賞歴 


  • 羅生門(1951年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞・イタリア批評家賞、1952年米アカデミー賞名誉賞(現在の外国語映画賞))

  • 生きる(1954年ベルリン国際映画祭ベルリン上院特別賞)

  • 七人の侍(1954年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞)

  • 隠し砦の三悪人(1958年ベルリン国際映画祭銀熊賞監督賞・国際批評家連盟賞)

  • 赤ひげ(1965年ヴェネチア国際映画祭国際カトリック映画事務局賞(OCIC Award)、フィリピン・マグサイサイ賞ジャーナリズム部門賞)

  • どですかでん(モスクワ映画祭映画労働組合賞)

  • デルス・ウザーラ(1975年モスクワ映画祭金賞・国際連盟批評家賞、1976年米アカデミー賞外国語映画賞、パリ国際映画祭賞)

  • 影武者(1980年カンヌ国際映画祭パルム・ドール、1981年英国アカデミー賞監督賞、1981年イタリア批評家協会賞監督賞(外国語))

  • 乱(1985年全米批評家協会賞作品賞、1985年ニューヨーク批評家協会賞外国映画賞、1985年ロサンゼルス批評家協会賞外国映画賞、1987年英国アカデミー賞外国語映画賞)

  • 1980年カンヌ国際映画祭35周年記念特別表彰

  • 1982年ヴェネチア国際映画祭栄誉金獅子賞(Career Golden Lion)

  • 1990年米アカデミー賞名誉賞



    関連項目


  • :Category:黒澤明の監督映画

  • 日本の映画監督一覧



    外部リンク


  • 日本映画データベース

  • 世界の黒澤と梅干しの味

  • Akira Kurosawa News and Information (英語)

  • The Internet Movie Database (英語)


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。