2008年07月07日

映画監督[三谷幸喜]

お待たせ!
映画ファン「映画監督・評論家編」
三谷幸喜




三谷 幸喜(みたに こうき、1961年7月8日 - )は日本の劇作家、脚本家、俳優、映画監督。 血液型A型。身長174.8cm。妻は女優の小林聡美。



来歴

東京都世田谷区出身。当時全盛期だった大相撲の横綱大鵬幸喜にあやかって「幸喜」と命名された(三谷が生まれた当時は大関で、生まれた年の9月場所後に横綱に昇進した)。
少年時代は、とんねるずの木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。1983年、私立世田谷学園高等学校卒業後(私立獨協中学校中退)の日本大学藝術学部演劇学科在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」結成。活動初期では一橋壮太朗の芸名で自ら役者もつとめていた。なお、演劇科の3年後輩の太田光は、当時は演劇志望だったため、「三谷さんは学生の頃から、スゴイ人気者だった。日藝のヒーローだった。一方、自分は教授とケンカしたりして、演劇を諦めた。だから今でも、三谷さんにコンプレックスがある。」と、2006年に自らの番組「スタメン」に三谷がゲストで出演した際に、カラミぎみに語っていた。劇団の活動と並行して放送作家としても活動をしており、『アイアイゲーム』『欽ドン!』『お笑いマンガ道場』などの番組構成などに携わる。テレビアニメ『サザエさん (テレビアニメ)|サザエさん』の脚本を手がけたこともあるが、3本目に執筆した「タラちゃん成長期」(フグ田タラオ|タラちゃんがドーピング|筋肉増強剤を使って近代オリンピック|オリンピックに出る夢をみるというストーリー\xA1 !K$,%W%m%G%e!<%5!<$N5UNZ$K?($l$F9_HD$5$;$i$l$?$3$H$r!J$J$*!":nIJ$O4本作られたらしい)月刊「ドラマ」の特集で語っている。フジテレビジョン|フジテレビの深夜番組『やっぱり猫が好き』の脚本を一部執筆し(「このドラマが小林聡美と結婚するきっかけとなった」とよく言われるが、あくまで出会ったきっかけに過ぎず、交際に発展したのはもっと後のことらしい)、その後番組『子供、ほしいね』のほとんどの回を担当(なお、この作品には主人公・久保田うららの兄役で三谷本人が出演している)したことから一般に名が知られるようになり、1993年『振り返れば奴がいる』で連続テレビドラマの脚本家としてデビューする。この時、脚本が現場で勝手に直されるという事態に直面し、その体験を活かした舞台『ラジオの時間』を上演する。この作品は、後に三谷の映画監督デビュー作としてセルフリメイクされた(映画版は『ラヂオの時間』と表記)。この作品の成功により、翌1994年には『刑事コロンボ』のような推理小説#推理小説の分類|倒叙ミステリーとして『古畑任三郎』の脚本を手がけることになる。この作品で気弱な刑事・今泉\xA1 ?5B@O:$r1i$8$?$N$O!VEl5~%5%s%7%c%$%s%\!<%$%:!W$NLAM'@>B<2mI'$G! !"H`$b$3 $N:nIJ$G0lLvM-L>$K$J$C$?!J$b$C$H$b!"A0:n!X?6$jJV$l$PE[$,$$$k!Y$K$b=P1i$7!V?%EDM5Fs$r;I$7$?Lr>K\9,;MO: (9代目)|松本幸四郎一家による演劇集団「シアターナインス」との共同プロデュースで『バイ・マイセルフ』『マトリョーシカ (戯曲)|マトリョーシカ』でも脚本を担当した。松本幸四郎 (9代目)|松本幸四郎は、1995年に『王様のレストラン』の主役を駄目元で依頼して以来のつきあいとなっている(幸四郎は大河ドラマ『黄金の日日』や舞台『ラ・マンチャの男』の主演者として、学生時代の三谷に強い印象を残していた)。幸四郎自身も、三谷の脚本を高く買っているようである。もっとも、『王様のレストラン』の出演は、娘である松本紀保が、三谷作品のファンで、彼女が強く薦めた結果らしい。1997年には初の映画監督作品として『ラヂオの時間』を発表。多くの映画賞を受賞。2001年には自身の体験に基づいた「建築コメディ」とも言うべき監督第2弾『みんなのいえ』を発表。両作品共イギリスやドイツなどでも上映会が催された。一方『古畑任三郎』以降も『王様のレストラン』、『竜馬におまかせ!』、『総理と呼ばな\xA1 $$$G!Y!"!X:#Lk!"1'Ch$NJR6y$G!Y!"!X9g$$8@MU$OM&5$!Y$J$I$NO"B3%I! %i%^$rH/ I=!"2002年には念願のシチュエーション・コメディ『HR (テレビドラマ)|HR』において、脚本だけではなく総合演出も手がけた。そして2004年に長年の夢であった日本放送協会|NHK大河ドラマで『新選組!』の脚本を担当。三谷の意向も入れられたというそのキャスティングは賛否両論を呼んだものの、大きな話題となった。そして、2006年に、続編(大河ドラマ史上初)となる『新選組!! 土方歳三 最期の一日』が1月3日に正月スペシャルとして放送された。また同年1月3日・4日・5日には『古畑任三郎 ファイナル』も放送され、正月特番ドラマを連続して手がけたことになる。この2つのドラマはNHKが放送した『新選組!! 土方歳三 最期の一日』の裏のフジテレビに『古畑任三郎 ファイナル』の初日(第1夜「今、甦る死」)が放送され、三谷ファン泣かせな編成になってしまった。これに関し、『古畑〜』が21.5%に対し『新選組!!〜』は視聴率が9.8%と振るわず、フジテレビ側は「調整が間に合わなかった」と謝罪している\xA1 !#2004年10月映画版『笑の大学』(監督:星護、主演:役所広司・稲垣吾郎)公開、2004年暮れに舞台『なにわバタフライ』(戸田恵子出演の一人芝居)、2006年に公開した映画『THE 有頂天ホテル』(監督も兼任、出演:役所広司、松たか子他)、2006年に東京ヴォードヴィルショーに書き下ろした『竜馬の妻とその夫と愛人』の再演があった。また2005年4月より清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』(J-WAVE)が放送されている。さらに2005年の11月〜2006年の1月にかけて、パルコ劇場プロデュース公演として『12人の優しい日本人』が再々々演された。出演は江口洋介他。この作品が、東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは、舞台としては初めてのことであった。エッセイ『オンリー・ミー 私だけを』(幻冬舎文庫)が50万部のベストセラーとなっているものの、あまり知られていないので「ひそかなベストセラー」といわれる。2006年、テレビ東京系の子供番組『おはスタ』で1月10日〜12日の間「やまちゃん\xA1 !W$3$H;3;{9(0l$NBeLr$H$7$F!V%3!<%-!$G;J2q=P1i$r$*$3! $J$$!"


posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。