2008年07月11日

映画監督[松尾スズキ]

お待たせ!
映画ファン「映画監督・評論家編」
松尾スズキ



松尾 スズキ(まつお すずき、本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)、1962年12月15日- )は、日本の俳優、演出家、脚本家、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。愛猫は「オロチ(雌)」大学卒業後は広告会社でサラリーマンをしていたが、会社全体のやる気の無さなどから一年で挫折。その後、80年代後半に劇団を設立する。『ファンキー!宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。2004年公開の監督デビュー映画『恋の門』はヴェネチア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても著名。特に漫画家、河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。最近では山本直樹の漫画原作などもした。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』が第134回芥川龍之介賞の候補になった。



出演作鼻 J


  • 世にも奇妙な物語「行列」(1991年、フジテレビ)

  • 愛の新世界

  • チキン・ハート

  • 殺し屋1

  • ピンポン (漫画)|ピンポン

  • いま、会いにゆきます

  • 真夜中の弥次さん喜多さん ヒゲのおいらん役 (2005年)

  • イン・ザ・プール 伊良部一郎役 (2005年)

  • フリクリ(声優)

  • マンハッタンラブストーリー土井垣役 (2003年)

  • 日本の裸族

  • 恋する幼虫

  • キューティーハニー(実写版)

  • サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜

  • 世界の終わりという名の雑貨店

  • 突入せよ! あさま山荘事件(2002年)

  • ユメ十夜 第一夜(夏目漱石)

  • 世界ウルルン滞在記ルネサンス(ナレーター)

  • 図鑑に載ってない虫 三木聡監督作品 エンドー役 (2007年)

  • 自虐の詩  堤幸彦監督作品 中年男役  (2007年)


    [CM]


  • コニカミノルタ



    作品




    [ 舞台 ]


  • 絶妙な関係(1988年・作・演出・出演)

  • 手塚治虫の生涯(1988年・作・演出・出演)

  • マイアミにかかる月(1989年・作・演出・出演)

  • 嫌な子供(1989年・作・演出・出演)

  • 絶妙な関係?(1989年・作・演出・出演)

  • ゲームの達人(1990年・作・演出・出演)

  • 鼻と小箱[鼻始め](1990年・作・演出・出演)

  • 絶妙な関係 Live at秘宝館(1990年・作・演出・出演)

  • 猿ヲ放ツ(1991年・作・演出・出演)

  • 溶解ロケンロール(1991年・作・演出・出演)

  • サエキナイト〜ムーディを探せ〜(1991年・作・演出・出演)

  • やられたい男(1992年・作・演出)

  • 冬の皮(1992年・作・演出・出演)

  • インスタントジャパニーズ(1992年・演出・出演)

  • セックスキングダム(1993年・作・演出・出演)

  • 鼻と小箱(1993年・演出・出演)

  • ゲームの達人(再演)(1993年・作・演出・出演)

  • 愛の罰(1994年・作・演出・出演)

  • 嘘は罪(1994年・作・演出・出演)

  • カウントダウン(1995年・作・演出・出演)

  • ちょん切りたい(1995年・作・演出・出演)

  • ファンキー!(1996年・作・演出・出演)

  • ドライブイン カリフォルニア(日本総合悲劇協会・1996年・作・演出・出演)

  • 愛の罰(再演)(1997年・作・演出・出演)

  • 生きてるし死んでるし(1997-1998年・作・演出・出演)

  • ニッキー・イズ・セックスハンター(ウーマンリブ・1998年・出演)

  • ヘブンズサイン(1998年・作・演出・出演)

  • ふくすけ(日本総合悲劇協会・1998年・作・演出・出演)

  • 母を逃がす (1999年・作・演出・出演)

  • キレイ(2000年・作・演出・出演)

  • エロスの果て(2001年・作・演出・出演)

  • マシーン日記(スズキビリーバーズ・2001年・作・演出・出演)

  • 春子ブックセンター (2002年・出演)

  • 業音(日本総合悲劇協会・2002年・作・演出・出演)

  • ニンゲン御破産 (2003年・作・演出・出演)

  • 熊沢パンキース03(2003年・出演)

  • ドライブイン カリフォルニア(再演)(日本総合悲劇協会・2004年・作・演出・出演)

  • イケニエの人 (2004年・作・演出・出演)

  • キレイ(再演)(2005年・作・演出・出演)

  • まとまったお金の唄 (2006年・作・演出・出演)

  • ウーマンリブ先生 (2006年・出演)

  • ドブの輝き (2007年・作・演出・出演)

  • キャバレー (2007年・演出)


    [ 映画 ]


  • 恋の門(監督・脚本)

  • ユメ十夜 第六夜(監督・脚本・振り付け)

  • クワイエットルームにようこそ(監督・脚本)

  • female 夜の舌先(監督・脚本)

  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (映画)|東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(脚本)


    [ DVD ]


  • 『月刊すほうれいこ 能力の女』(2004年、イーネット・フロンティア)監督・脚本・挿入歌作詞・出演


    [ 著書 ]


  • 『大人失格』(1995年・マガジンハウス)

  • 『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』(1997年・白水社)

  • 『ヘブンズサイン』(1998年・白水社)

  • 『第三の役たたず』(1999年・情報センター出版局)

  • 『この日本人に学びたい』(1999年・ロッキング・オン)

  • 『ぬるーい地獄の歩き方』(1999年・演劇ぶっく社)

  • 『キレイ 神様と待ち合わせした女』(2000年・白水社)

  • 『永遠の10分遅刻』(2001年・ロッキング・オン)

  • 『母を逃がす』(2001年・白水社)

  • 『これぞ日本の日本人』(2001年・ぴあ)

  • 『マシーン日記 悪霊』(2001年・白水社)

  • 『エロスの果て』(2002年・白水社)

  • 『ふくすけ』(2002年・白水社)

  • 『同姓同名小説』(2002年・ロッキング・オン)

  • 『ニンゲン御破産』(2003年・白水社)

  • 『寝言サイズの断末魔』(2003年・扶桑社)

  • 『撮られた暁の女 松活妄想撮影所』(2003年・扶桑社)

  • 『実況生中年 』(2004年・扶桑社)

  • 『ドライブインカリフォルニア』(2004年・白水社)

  • 『宗教が往く』(2004年・マガジンハウス)

  • 『恋の門 フィルムブック』(2004年・マガジンハウス)

  • 『スズキが覗いた芸能界』(2004年・太田出版)

  • 『監督ちゃん 松尾スズキの映画『恋の門』制作日記』(2004年・ロッキング・オン)

  • 『クワイエットルームにようこそ』(2005年・文藝春秋)

  • 『厄年の街』(2006年・扶桑社)

  • 『まとまったお金の唄』(2006年・白水社)

  • 『12歳の大人計画 課外授業ようこそ先輩』(2006年・文芸春秋)

  • 『ザ・シナリオ東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 』(2007年・扶桑社)

  • 『東京物欲道場』(2007年・ソニーマガジンズ)



    関連項目


  • 福岡県出身の人物一覧



    外部リンク


  • 松尾ヶ原(公式)

  • 大人計画


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL


  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。