2008年01月12日

映画監督[山城新伍]

お待たせ!
映画ファン「映画監督・評論家編」
山城新伍



山城 新伍(やましろ しんご、1938年11月10日 - )は、京都府京都市出身の俳優、映画評論家、映画監督、タレント。本名:渡辺 安治(わたなべやすじ)。 血液型O型。京都府立山城高等学校出身。父は医師で母は看護師。



所属事務所

東映 → 沢井プロダクション → (株)サイプロダクション → (株)プロダクションノータイトル → フリー




人物

時代劇スターにあこがれエキストラをやる。高校卒業して東映ニューフェイス第4期でデビュー。同期には曽根晴美、室田日出男、佐久間良子、花園ひろみ、山口洋子など。テレビドラマ白馬童子で子供たちの人気者となる。映画では脇役が多かった。60年代に入ると時代劇の人気がなくなり、コメディーやエログロ路線で個性を生かすようになる。しかしながら、そのジャンルを選ばぬ姿勢を評して「ミスター・プログラムピクチャー」と呼ばれて人気があり、1970年代始めに多くの映画俳優たちが斜陽の映画界から躊躇しながら入っていったテレビの世界では既にすんなりと溶け込んでいて、テレビドラマだけでなく、バラエティ番組でもいかんなくその個性を発揮。俳優らしからぬ機転の良さとコメディー・センスと関西弁の話術で、司会やパネラーとして活躍し、2時間ドラマでは主演作を多く持った。それでも映画への想いは熱く、俳優・タレント活動以外にも、映画評論、映画監督もこなしている。監督としては、にっかつロマンポルノのヒット作『女猫 (1983年の映画)|女猫』(めねこ)、『双子座の女』のほか、『せんせい』、『やくざ道入\xA1 Lg!Y!"!XK\F|$^$?$^$?5Y?G$J$j!Y!"!X%U%!%_%j!< (映画)|ファミリー』といった作品がある。若山富三郎に気に入られ、その影響を受けて、俳優仲間、特に映画『仁義なき戦い』での共演者を中心に面倒見のいいところがあり、仲間たちのバラエティ進出をフォローしていた向きがある。認めないうちは非常に厳しいが、いったん認めると重用するところがある。また映画評論では、1979年10月から2002年3月までサンテレビジョン|サンテレビで放送された『火曜洋画劇場』で司会をし、低予算のためB級映画が放送されることが多かったが、そんな中でも「アクションはC級で・・・」など歯に衣着せぬも映画愛にあふれる言葉で映画の批評を行っていた。プロ野球は阪神タイガースのファンであり、かつては年1回サンテレビのプロ野球中継『サンテレビボックス席』にゲストとして呼ばれていた。浜村淳、元阪神タイガース監督吉田義男は高校の先輩、釜本邦茂、毎日放送アナウンサー野村啓司は高校の後輩である。高校では、ラグビー部に入っていた。元夫人の花園ひろみと車で湖に突っ込み、「結婚してくれないとこのまま察 `$L!」と迫った話はテレビで何度も言っている。それだけ花園\xA1 $r?<$/0& $7!"$=$l$K<+?.$r;}$C$F$$$k$,!"=w@-4X78$K$f$k$$ItJ,$b$"$j!"2V1`$H$O7k:'$HN%:'$r2回ずつしている。「僕の家族は山城教だ」と家族の結束に強い自信を持っていたが、娘から女性誌を介して絶縁状を突きつけられたことがある。1990年代まではテレビ番組の司会やクイズ番組のパネラーとして活躍し、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で共演した逸見政孝とは、同じ関西出身であった事や番組出演がきっかけで親友となり、彼の葬儀では弔辞を読み涙した。また日曜19時枠で『クイズ・マネーイズマネー』の司会を務め、同番組が終了して暫く経った後、当時裏番組であった『クイズ!!ひらめきパスワード』で2代目司会を務めるという珍現象もあった。かつて島田紳助とは『新伍&紳助のあぶない話』で共に司会を務め、バラエティ番組で共演するほど仲が良かったが、後に関係が悪化するが、2002年10月の『開運!なんでも鑑定団』で共演している。超C調なバカキャラ(『不良番長』シリーズなど)から無口で職人肌の男(『付き馬屋おえん』など)まで、演じる役の幅は広く、どの役でも圧倒的な存在感\xA1 $r8+$;$F$$$k!#2005年12月25日、『いつみても波瀾万丈』(日本テレビ放送網|日本テレビ系)に出演。糖尿病を患っていたことを告白。また、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、里見浩太朗、逸見政孝とのエピソードについて語った。糖尿病を患ってからは痩せ、テレビ番組の露出を控えている。2006年某週刊誌のインタビューを受け、風貌は頬はこけ、髪は白く薄くなり、まるで別人のような風貌であった。周りからは心身ともに心配されているという。事実、自分の力だけでは階段を上れないほどであるという。また週刊女性によると「食べこぼし徘徊の日々」のタイトルで深夜に徘徊して自動販売機に大声で話しかけているという記事が掲載された。この記事に対し山城自身がテレビに出演し否定をした。2007年5月6日、朝日新聞日曜版で写真入りで近況が伝えられる。糖尿病はコントロールできているとのことで、容色もふっくらとして良さそうで、現場復帰への意欲を述べていた。関西弁(時おり標準語になることもある)で物事をはっきりとテレビでも言う性格で知られているため、敵対する者も多く、やしきたかじんは「山城は掘 y$$$d!W$H8@$C$FX_$i$J$$!J0JA0!X?78`$N$o$,$^$^Bg9%$-!Y$J$I$G$b6! &1i$7$F$ $$?!K!#;3>k<+?H$OH`$rI>2A$7$F$*$j!"!X$?$+$8$snoばぁー』の出演を熱望したが、しばらく断られていた(後に共演するが、その後も「俺は好きになれん」と言われていた)。某有名女性フリーアナウンサー(現在は引退)には強硬に肉体関係を迫ったため、番組内で共演した時も露骨に嫌な顔をされていた。



山城の発言録


  • 「日本放送協会|NHKは公共放送。なのになんで1週間ずっとジャニーズ事務所|ジャニーズが出て、SMAP全員に主役を持たせるのか。あんな近藤勇なんか見とうないわ」

  • 「どこの芸能事務所|事務所に所属しているかで、キャスティングが決まるのはおかしい。別にバーニングプロダクション|バーニングとはいってへんけどね」

  • 「これまでの時代劇を全否定しやがって。三谷幸喜、なめとんのか。俺は許さんよ」
    (『古畑任三郎』に出演し、三谷も山城の回のエンディングは敬意を払ったもので、相互の評価は悪いものではなかったが、NHK大河ドラマ『新選組!』については時代劇俳優として決定的に受け入れられるものではなかった。また、この発言のときは映画の完成発表のときでもあり、彼一流のアドバルーンであった側面もある)

  • 「寄らば大樹はクズの考え。今の芸能界はそうなっている。俺の意見に日本国民の8割は賛成してくれるやろう」

  • 「NHKの受信料の一部は、ジャニーズに流れとるんやろ。そんな受信料なら払うな」

  • 「昼はファンに追いかけられ、夜は社長に追いかけられる。どこのジャニーズ事務所|プロダクションのことか分かるやろ」

  • 「俺の残りの俳優生命をかけてもええ」

  • 「俺があんな(おどけた)CMやったとき、『ああ、落ちぶれたな』とか思わせへん自信はあるよ。宝田明さんと違ごてね」

  • 「嫌いな俳優? 緒形拳やね。あんな鈍くさい奴、俺より評価受けとる俳優みんな嫌いや」

  • 「その方がロマンがあるがな。マンコ|コーマンやないで」

  • 1992年、『EXテレビ』にて、当時参議院議員だったアントニオ猪木の都知事選辞退に際して金の授受があったとの疑惑に関して、「あれはあかん。もう終わりやね」と発言。しかし、数年後に『あぶない話』に猪木がゲスト出演した際には、「猪木さんが金もらうわけないがな」と180度方向転換したコメントを発した。

  • 1994年『森田一義アワー笑っていいとも!|笑っていいとも!』出演時、宅麻伸と賀来千香子の結婚について「3年で別れる。俺は当たるんだ」とコメント。2007年現在、宅麻夫妻は離婚していない。

  • 「親が子とやったらおかしいやろ」(梅宮辰夫が名づけ親の女性タレントを山城が性交渉|やってしまい、梅宮から「何で俺より先にやるんだ!!」と怒られた際に)

  • 「女は梅宮が、男はカルーセル麻紀|カルーセルが全部手をつけた」(ある映画の撮影中)

  • 「男と(セックスを)やらなあかんのやったら、(相手は)名高達男がええ」

  • (小泉純一郎の長男小泉孝太郎|孝太郎が芸能界入りするというニュースに対して)「そんなもん俺が苛めて芸能界から追い出したる」

  • 2001年頃、「小泉総理よ、あんたが首相としてやった事は息子を芸能界デビューさせた事だけなんや」、「政治家として、何一つやってないんや」



    部落差別問題と著作

    芸能の歴史と部落差別問題について詳しく、著作もある。

  • 「現代・河原乞食考―役者の世界って何やねん? 」(解放出版社)



    そのほかの著作


  • 「軟派の硬意地 芸能界、裁くのは俺だ 裁かれるのも俺だ」(実業之日本社)

  • 「新伍のぶっつけ本番」(ふたば書房)

  • 「若山富三郎・勝新太郎 無頼控 おこりんぼ さびしんぼ」(幻冬舎)

  • 「わがまま筆まかせ」(中央公論社)



    略歴


  • 1957年 東映ニューフェイス第4期生

  • 1959年 「風小僧」でデビュー(共演)

  • 1960年 「白馬童子」で主演し、人気を博す。

  • 1966年 女優の花園ひろみと結婚。

  • 1975年 「独占!男の時間」でバラエティに進出。

  • 1981年 フジテレビジョン|フジテレビ系「アイ・アイゲーム」で伏字を「チョメチョメ」と表現し流行語になる。

  • 1985年 花園ひろみと離婚。

  • 1991年 花園ひろみと2度目の結婚。これを「新伍のお待ちどおさま」で梅宮辰夫に発表され、更に彼から祝福のキスを受ける。

  • 1999年8月 花園ひろみと2度目の離婚。
    その後も同居していたが、2001年以降は一人暮らし。

  • 2005年 糖尿病で入院。
    現在は自宅療養中であり、2007年夏以降に復帰という方向で動いているらしいが詳細は不明。



    主な出演作品




    [ 映画 ]


  • 不良番長シリーズ(東映。ほぼ全作に出演)

  • 喜劇 ギャンブル必勝法(東映。数少ない現代劇の主演作品)

  • 仁義なき戦い(東映) 江田省一 役
    広島死闘篇
    代理戦争
    頂上作戦
    完結篇

  • 新仁義なき戦い(東映)

  • 直撃地獄拳 大逆転(東映)

  • 県警対組織暴力(東映)

  • 資金源強奪(東映)

  • トラック野郎(東映)
    爆走一番星 (トルコの帝王/須間田三四郎)役
    故郷特急便 (プロデューサー奥村)役

  • 週刊バビロン(東映、監督作品)

  • ミスターどん兵衛(東映、監督作品)

  • サラリーマン金太郎(東宝)

  • ハチ公物語(松竹)

  • 塀の中の懲りない面々(松竹)

  • せんせい(松竹、監督作品)

  • やくざ道入門(松竹、監督作品)

  • 本日またまた休診なり(松竹、監督作品)

  • スウィートホーム (映画)|スウィートホーム(東宝)


    [ ドラマ ]


  • 風小僧(東映制作、テレビ朝日|NET)

  • 白馬童子(東映制作、NET)

  • Gメン'75(TBS・東映)第12話「漂流死体」

  • ザ・ハングマン|新ハングマン(朝日放送)

  • 桃太郎侍(日本テレビ放送網|日本テレビ)

  • 新五捕物帳(日本テレビ ただし、主演は杉良太郎)

  • 必殺必中仕事屋稼業(1975年、必殺シリーズ)第9話「からくり勝負」

  • 付き馬屋おえん事件帳(テレビ東京)

  • 火曜サスペンス劇場「悪夢の五日間」(1990年8月14日放送、日本テレビ・トムソーヤ企画)主演

  • 新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵(1987年正月、必殺シリーズ) 大石内蔵助役

  • 必殺スペシャル・新春 せんりつ誘拐される、主水どうする? 江戸政界の黒幕と対決! 純金のカラクリ座敷 (1992年正月、必殺シリーズ) 丑寅の辰役

  • 半七捕物帳(1992年10月〜1993年2月、日本テレビ・ユニオン映画)

  • 暁に斬る!(関西テレビ放送|関西テレビ・ヴァンフィル)

  • 闇を斬れ(1981年、関西テレビ・松竹)

  • 監察医・薮野善次郎1〜10(1996年〜2003年、東京放送|TBS) 主演・薮野善次郎役

  • 古畑任三郎「魔術師の選択」(1996年、フジテレビ)犯人・南大門昌男役

  • 南町奉行事件帖 怒れ!求馬#南町奉行事件帖 怒れ!求馬II|南町奉行事件帖 怒れ!求馬II(1999年 東京放送|TBS・C.A.L.)第2話「泣きぼくろの女」 喜之助役

  • 水戸黄門 (テレビドラマ)|水戸黄門第28部(2000年、TBS)ゲスト出演

  • 土曜ワイド劇場「癒しの事件簿・藤井若菜の犯罪被害者相談室」(2007年3月31日、テレビ朝日) 伊集院遊心役


    [ バラエティ他 ]


  • 独占!男の時間 (東京12チャンネル 現・テレビ東京)

  • 笑アップ歌謡大作戦(テレビ朝日)

  • 何かとワイド面白地球(テレビ朝日、司会)

  • 世界とんでも!?ヒストリー(1993年 テレビ朝日、解答者)

  • アイ・アイゲーム(フジテレビジョン|フジテレビ、司会)

  • クイズ!ベストカップル(フジテレビ、司会)

  • クイズ天国と地獄(東京放送|TBS、司会)

  • クイズ!!ひらめきパスワード(毎日放送|MBS、司会 野村啓司アナから2代目を引継ぐ)

  • 新伍とんでけ捕物帳(MBS、主演)

  • それいけ!新伍迷探偵(MBS、主演)

  • 金曜10時!うわさのチャンネル!!(日本テレビ放送網|日本テレビ 三日月刑事役)

  • 金曜娯楽版(日本テレビ、司会)

  • 夜はドキドキ!!(関西テレビ放送|KTV、司会)

  • 新伍のお待ちどおさま(TBS、司会)

  • クイズ どんなMONだい?!(日本テレビ、解答者)

  • クイズ・マネーイズマネー(讀賣テレビ放送|ytv'、司会)

  • 新伍のわがまま大好き(朝日放送|ABC、司会)

  • 新伍・紳助のあぶない話(KTV、司会)

  • レインボー_(テレビ番組)|レインボー(MBS、司会)

  • 新伍Niタッチ!(MBS、司会)

  • 新伍のワガママ大百科(MBS、司会)

  • 山城桃源郷(ytv'、司会)

  • クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!(日本テレビ、通常放送では解答者・特番では司会、1993年に逸見政孝の代理司会)
    新装開店!SHOW by ショーバイ!!
    新装開店!SHOW by ショーバイ2

  • 火曜洋画劇場(サンテレビ、司会・映画評論)

  • 壮絶バトル花の芸能界 男と女!!(日本テレビ、パネラー)

  • 東京金歯(BSフジ、審査員)


    [ オリジナルビデオ ]


  • 殺しのメロディ(東映、監督作品)

  • 江戸むらさき特急(アミューズ、監督作品)

  • ファミリー_(映画)|ファミリー(ラスカル、監督作品)

  • 六本木の帝王カポネ(ラスカル、監督作品)

  • フレンズ(ラスカル、監督作品)

  • 新・日本の首領


    [ 吹き替え ]


  • 刑事コロンボ|刑事コロンボ・ルーサン警部の犯罪(ウィリアム・シャトナー)

  • マッコイと野郎ども(トニー・カーティス)


    [ CM ]


  • どん兵衛(日清食品、川谷拓三と共演)

  • ユンケル黄帝液(佐藤製薬|サトウ製薬)

  • ベープ(フマキラー)

  • バブルスター(原ヘルス工業、北大路欣也と松方弘樹と梅宮辰夫と千葉真一と共演)

  • サッポロ生黒ラベル(サッポロビール)

  • マツダ・タイタン|タイタン(マツダ)

  • マツダ・ボンゴ|ボンゴ(マツダ)



    受賞歴


  • 第4回日本ジュエリーベストドレッサー賞男性部門(1993年)



    関連項目


  • 日本の男優一覧

  • 映画評論家一覧

  • 梅宮辰夫

  • 松方弘樹

  • 逸見政孝

  • 上島竜兵



    外部リンク


  • 「プロダクションノータイトル」所属時代のプロフィール


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL


  • posted by れびゅんAE86 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック

    天国と地獄
    Excerpt:  特急こだまの車内シーンが有名ですが、実はこのシーンに切り替わる前の室内シーンが結構長く、カメラが権藤邸からほとんど出ないにもかかわらず、画面に引き込まれてしまいます。 後半の犯人追跡の部分では、多く..
    Weblog: はるかのブログ
    Tracked: 2008-02-02 11:23

    椿三十郎
    Excerpt: 私にとっては黒澤明作品の中でベスト作品です。大ヒット作『用心棒』の続編として作られた映画ですが、 内容的には用心棒よりもレベルの高い仕上りで、 黒澤映画中であらゆる面で最高の完成度を持った作品だと思っ..
    Weblog: 日本の男優をあなたに捧げます
    Tracked: 2008-02-22 05:48

    「本日またまた休診なり」の京都の町医者の息子 山城新伍さん逝く・・・
    Excerpt: &nbsp; TOKYO人権 第12号(平成13年11月16日発行)より抜粋です 山城新伍(やましろしんご)さん  1938年生まれ。京都府出身。1957年東映..
    Weblog: Newscrapbook
    Tracked: 2009-08-14 21:15
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。